<   2005年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

EDIROL R-1 を分解する


ついに、24bit WAVE/MP3 RECODER が発売された。風前の灯火だったDATともこれで、お別れできるわけだ。とにかく便利。USB一発でパソコンに取り込める。価格が4万円以下!! なぜもっと早く商品化されなかったのか不思議なくらいだ。相当売れてるらしく、品切れ状態が続いている。
 しかし、待ちに待ったレコーダーなのだが、多々問題もある。

1 最悪のデザイン
2 作りがひどい。
3 マニュアルに不備がいっぱいある。
 (HPのQ&Aを見ないと、不明なことがある)
4 マイクのノイズが多い。
5 ディスプレイが見にくい。
6 録音時、ピークレベルが表示されない。
  (録音状態から、何度かボタン操作をしないと表示しない)
7 IONPUT LEVELのつまみに目盛りがない。
8 ピークレベルメーターに目盛りがない。

そこで、中はどうなのか。勇気を振り絞って、分解してみた。

b0021739_17501977.jpg


b0021739_17513252.jpg
乾電池ケースのネジを外すと、ケースがあく。


b0021739_1752382.jpg
Valueダイヤル 
外れやすいが、まあ気をつけていれば大丈夫。
意味不明な目盛りがケース側についている。
(写真ではわかりにくいが....)


b0021739_17522350.jpg
シールドがしっかりされている。


b0021739_175239100.jpg
基板表側
左側に マイク
次に  ディスプレー


b0021739_17525379.jpg
基板裏側
右側は、メモリースロット


b0021739_1845067.jpg
AKM AK4353VF がAD/DAコンバータとして使われている。これが24bitの処理を実現している。


b0021739_17533224.jpg
ケース裏側にシールド用の金属板がある。


b0021739_17535146.jpg
裏側に金属板を配置できない部分には、表側のケースにシールドを配置している。


b0021739_17541865.jpg
上から見たところ
内蔵マイクは、細長い基板に配置されている。
画面下はディスプレー


b0021739_1841981.jpg
内蔵マイクを横から見たところ
画面左側(右チャンネル)はスポンジ状のもので固定。
画面右側(左チャンネル)は硬いプラスチックで固定されているのが分かる。



こうしてみると、かなりノイズ対策がされている。しかしケースがちゃちなため、マイクがこもったような音になっている。一様ケースからの振動対策はされているが、ケース自体の対策はされておらず、不完全な気がする。また、分解してみて分かったが、とにかくコストを抑えるための努力がされている。それは高く評価したい。
そこで、振動対策や、ノイズ対策をこれからしてみたい。
[PR]
by otherwind | 2005-02-21 17:41 | EDIROL R-1

HD53のインシュレーターを交換してみた。
HD53のインシュレーターは見たところ金属製にみえるが、ご覧の通りただのプラスチック製である。まあここにお金をかけたら、とんでもない値段になってしまうだろう。
b0021739_1114916.jpg
横から見ると、金属製のように見える。


b0021739_11143180.jpg
裏から見たところ。


交換するインシュレーターは、逸品館woodboy/K(黒檀)
b0021739_11144596.jpg


選んだ理由は、
  ・価格がほどほど
  ・小さいこと(径25mm×H15mm)
  ・1個ずつ買えること
  ・木製なので、音があまり硬くならないだろう
というものだ。まあ大した根拠はない。

設置には木目を同じ横方向にそろえると、広がりが出るとある。
これは、サンステージというボードを購入したときにも経験があるが、木目方向に音が伝わっていく性質を踏まえている。
b0021739_11145785.jpg
取扱説明書には、木目方向と、設置場所について詳しく書かれている。


b0021739_1115728.jpg
木目が分かるだろうか。これを横方向にそれぞれそろえる。


今回は3点支持で、前方に2個、後方に1個という配置で置いてみた。
b0021739_11151728.jpg


このインシュレーターはNCカットで精密加工されていて、5年以上寝かせた木だそうだ。しかし、木は木なので、どれを2個組み合わせるか悩んだ。見た目は同じ。
そこで、はかりを持ち出して計量してみた。家にあった料理用(タニタ製)のはかりなので、1g単位でしかはかれないが、若干の差があった。2個は8gに近く、もう1個は7gに近かった。そこで同じ重さ同士のものを2個組み合わせた。

さて、音の変化は?
最初、後方の1個の位置をトランス付近にしたら、不安定になり、音もあやふやになった感じだった。そこで、後方中央に変えて、安定感を確保。
この配置では「音の広がりがでる」とのことだったが、
むしろ「音の定位」がはっきりしたように思う。
しかし、はっきりした変化ではない。ギターなどの弦の響きは美しくなった。
音が柔らかくなるということはなく、むしろ明瞭で弦楽器に効果があると感じた。ちょっと予想とは違った結果となったが、配置をいろいろ変えて試してみたい。

 WOODBOYには、紫檀のものもあり、逸品館の貸し出しサービスを利用すれば、より自分にあった音作りができるように思う。


結局、今まで行ったものを、最も効果があった順に並べてみると
  1 ヒューズ交換
  2 制振ワッシャー  接点改質剤
  3 電源コード
  4 インシュレーター
となった。もしHD53を購入し、手を加えたいのなら、この順にやってみたらどうだろうか?HD53はよく反応してくれるし、今回の手順は他の機器にも適用できそうだ。
  

[PR]
by otherwind | 2005-02-13 11:09 | オーディオ_HD53v8