<   2004年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

HD53とにかくすぐ熱くなる。アルミの上蓋を外したいくらいだが、内部の部品点数が多く、ほこりの面が今度は心配になってくる。そこでヘッドフォンの増幅回路である赤いモジュールの蓋を外してみた。プラスチックでできていて、ちょっと安っぽい。軽く接着してあるだけだったので、すぐに外せた。
 これによって、音質が変わったかどうかは、私の耳では全然分からなかった。まあ今回はあれこれと続けてやりすぎたようだ。
 またしばらくしたら、電源ケーブルとインシュレーターを交換しようと思う。それまでは、今回の変更が落ち着いてくるまで、ゆっくり楽しもうと思う。
b0021739_1216265.jpg

[PR]
by otherwind | 2004-12-19 00:41 | オーディオ_HD53v8
 HD53v8 のパワートランジタはネジでアルミの底板に固定されていて、底板がそのまま放熱の役割を担っている。そこでワッシャーを制振ワッシャー(クライオ処理)に交換した。どうしてもプリアンプを通さずに聴くと、音がハイ上がりになりがち。もっと重心を下げたるのが目的である。この機器はネジの取り外し取り付けをヘックスローブドライバというので行わなければならない。なぜこのネジを使用しているのかさっぱり分からないが、ちょっと面倒な作業だった。
 取り付け終わって、音を聴くと、重心がぐっと下がり、ヒューズ交換で情報量が増えたのにもかかわらず、落ち着きのある音色になった。

b0021739_0252928.jpg

b0021739_0254735.jpg

b0021739_0515043.jpg

[PR]
by otherwind | 2004-12-19 00:25 | オーディオ_HD53v8

HD53v8 のヒューズ交換

 HD53v8 の音質が落ち着いてきたので、ここでヒューズの交換を試みた。交換したヒューズは、金メッキ石英サンド入りクライオ処理のもの。以前クライオ処理のものを使用していい結果を得たので、交換することにした。2Aのものが2本使用してあったので、2本とも交換した。
 一言でいうなら、情報量が増える。奥行きというか、ホールならホールの広がりが感じられるようになった。1本1000円近いヒューズというのはとんでもない値段だが、音質向上の度合いから考えると、十分やる価値がある。その他の機器のヒューズもすべて変えたくなるくらいだった。
b0021739_010415.jpg

[PR]
by otherwind | 2004-12-19 00:11 | オーディオ_HD53v8